新型コロナウイルスに関する面会規制について(5/18更新)

(追記:9月10日)
現在対策が更新されております。詳細は9月10日付けの新しい記事をご覧下さい。

報道の通り山口県において新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されました。
とはいえ全国ではまだ新規感染者がいる状況ですので、一部の対応については引き続き規制しつつも、
はるかぜの丘では一部につきまして面会規制を緩和致します。
また、まごころの家では従来の厳格化された規制を5月末までは継続の方針です。
今後状況の変化に応じ対応に変更が生じる可能性もございますので、ご来訪の際はぜひご確認下さい。

具体的には、
☆はるかぜの丘(5月18日以降)

  • ご家族様の面会は基本的に理由を問わず可能といたします。
  •  他事業者様(ケアマネージャー、出入り業者含む)の入館は原則として可能です。デイ等の送迎も従来通りお部屋までお願いします。
  • 職員見学、施設見学を行いたい場合は、まずはお電話にてご相談下さい。
  • マスク着用、来館簿への記入、体温測定、手指消毒等は必須と致しますので、宜しくお願いします。
  • 二週間以内に他県を来訪された方、あるいは風邪症状のある方に関しては入館をお断りさせて頂きます。

☆まごころの家(5月末まで)

  • ご家族様への面会は緊急時を除き原則としてお断りしております。お越しの際はお電話にて事前にご相談下さい。
  •  デイサービス、デイケアへの送迎は正面玄関までお願い致します。正面玄関から居室までは職員にて行います。
  •  他事業者様(ケアマネージャー様除く)の入館は原則としてお断り致します。玄関にて応対できる事に関しては応対が可能です。
    ただし、担当者会議等どうしても入館が必要な場合は別途ご相談下さい。
  • 職員見学、施設見学を行いたい場合は、まずはお電話にてご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です