本文へ移動

最新の投稿(トップ)

【重要】新型コロナウイルス対策マニュアル策定について

現在、国内では新型コロナウイルス感染症が再拡大状況にあります。
この度、はるかぜの丘及びまごころの家ではコロナウイルス対策マニュアルを策定致しましたので、
今後は当マニュアルを基準とした対応を行っていきたいと思います。
具体的には、以下のリンクをお読み頂き、皆様方の来訪等の参考にして頂ければと思います。


なお、現在の警戒レベルは「4」となります。
(令和2年9月14日よりレベル「3」となります)
これに基づき、面会等は規制されております。
ご不明な点などありましたら、各事業所にお問い合わせの上、来訪等はご検討頂ければと思います。

なお、お盆等に合わせての他県からの来訪は原則としてお断りしておりますので、何卒ご容赦願えればと思います。

【重要】新型コロナウイルスについて

現在国内並びに山口県内でも新型コロナウイルスへの感染者が確認されております。
たむら医院におきましては、申し訳ありませんが新型コロナウイルス感染が強く疑われる方につきましては診察を行う事が出来ません。
ご不安の方に関しましては、まずは最寄りの保健所(山口市の場合山口健康福祉センター:083-934-2533)までご連絡頂き、受診に関して相談される事を強くお勧め致します。

また、サービス付き高齢者向け住宅はるかぜの丘及びまごころの家におきましても、高齢者が多く居住する性格上、現在面会規制や立ち入り規制を設けております。
現在の詳しい規制状況につきましては、最新記事及びスタッフブログをご覧になり、把握頂ければと存じます。

皆様方には大変ご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
たむら医院
平成8年に山口市嘉川にてたむら医院が開設されました。

その後医療法人真人会として改組し、現在に至るまで嘉川地域のかかりつけ医として内科を中心とした診療に携わっております。

お体の不調、健康面、介護の事など何でもご相談を受け付けておりますので、まずはお気軽にご来院いただければと存じます。
まごころの家
平成20年にたむら医院横に竣工したまごころの家は、御本人の希望に応じ住み慣れたお部屋で最後までお過ごしいただけるよう、スタッフ一同鋭意努力しております。

平成28年には同時にまごころの家弐番館を解説し、さらに多くの入居者様の受け入れが可能になりました。
はるかぜの丘とはまた一味違う雰囲気を楽しんでいただければと思います。
はるかぜの丘
はるかぜの丘とは、高齢者の方にお住まい頂ける「サービス付き高齢者向け住宅」です。
地域の方が住み慣れた地元で暮らし続けて頂けるように、近くにご家族がおられない方でも安心して暮らして頂けるように、スタッフ一同心のこもったサービスを提供させて頂きます。
当法人のたむら医院(車で3分)が健康面で入居者様を万全にサポート。看護師の健康管理や、必要に合わせて医師の往診もございます。
皆様の穏やかで活力ある暮らしを、お手伝いできればと思います。
TOPへ戻る